November 24, 2021

   

English | Japanese       

 

Adoption of DCT has become much more widely accepted and established during the COVID-19 pandemic due to the need for sponsors and sites to be able to continue their research with current and future clinical trials. The expectation is that DCT approaches to clinical trials are now here to stay and the best ways to implement these patient centric approaches are being actively considered in all major clinical trial markets, including Japan.

In this video from DIA Japan, we provide a brief overview of Decentralized Clinical Trials (DCT) and how patient-centric approaches such as mobile/offsite/home research nursing and patient concierge services fit into the global DCT ecosystem, including how DCT and research nurse approaches have been increasingly supported by regulatory agencies and successfully implemented around the world by the biopharmaceutical industry (including Japanese Pharma), investigators and study sites. 
 

 

DIA日本年会2021 ランチョンセミナー

新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって分散型臨床試験や患者を中心とした臨床試験のアプローチの導入はいかに加速したか。そして、グローバル臨床試験においてそれらが担う重要な役割とは。

本セミナーでは、「Decentralized Clinical Trial」(分散型臨床試験、DCT)の概要と、モバイル、オフサイト、在宅治験リサーチナース、患者コンシェルジュサービスなどの患者中心のアプローチがDCTシステムにどのように適合するか解説します。

また、DCTや治験リサーチナースを活用したアプローチが規制当局の評価を得てきている現状と、日本を含めた世界中の製薬・バイオテクノロジー業界、また、治験責任医師や医療実施施設でいかに活用されているかディスカッションの場を設けます。
DCTの導入は新型コロナウイルス感染症のパンデミックを受け、進行中の臨床試験や今後始まる臨床試験の継続のためスポンサーや医療施設から広く受け入れられ、浸透しました。

DCTを活用した臨床試験は今後定着することが予想され、日本を含む主要諸国の臨床試験マーケットでは、患者中心のアプローチを導入するための最善方法が積極的に検討されています。

Scroll to Page Bottom Form 
Enabled